読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたい、感じてなんぼ

人生、自分の感じたものがすべて。あらがわず、しなやかに。

私はいつも「身体」という枠から、はみ出していたんだぜ。

恥ずかしい皮

 

からだ。

頭のてっぺんから足のつま先まで。

 

 

血の通っているところ、身体にくっついている髪と爪も。

関係ないけど、毛先のケアとか、指先のネイルとか、カラーや左右のバランスを取るように設えられた細かいアクセサリーとか、細部まで気の回る女子は基本的に全員尊敬しています。

私はそれができなくてというか、試みるも、その末端までケアする素敵な自分より、ケアタイムを最小限にする自分の方が好きだったみたいなので、ショートカットで、ネイルもせず、アクセサリーもピアスくらい。

 

なぜピアスにこだわるのかというと、私は頭が女子の平均よりもひと回りほど大きくて、身体の、全体のバランスが悪いため、ピアスをすることでごまかしている。(つもりである。)目も少しだけ離れていて、ちょっとアニメっぽい。頭の大きさだけで言えばフリーザかもしれない・・・。ちょっとコンプレックスでもある。

 

でも、ついさっきまで身体の一部だったのに、切ったり、抜けたりした瞬間にゴミに変わる。しかも不潔なゴミに変わってしまうのは、なんとも儚いというか、さっきまで花びらのように扱っていたものができれば触りたくもないものに変わるのは悲しいな、と思う心が私のケアタイムを削るのかもしれない。

 

 

そんな身体を「上手に使いこなせてないな。」と思う瞬間が結構ある。

154㎝、体重45㎏ぐらいの自分の身体の大きさがわかってなくて、

電車の長椅子に1人分空いてるのだけど、この幅に自分の尻はハマるのだろうか。とか。

モデル体型の店員が来ている洋服が欲しくて鏡で合わせた時の、服を着こなすモデル店員と、服に着られてる私を見た時。とか。

手を伸ばせば届くと思って手を伸ばしたつり革に、指の第一関節しか引っかからなかった時。とか。

態度が大きけりゃ、身体のハンデなんてカバーできるんじゃないか。とか・・・。

 

 

 

身体というのは、隅から隅まで私であるのはもちろん、他人のことならすぐわかるんだけど、どういうことか自分のこととなるとわからないことが多い。自分の肩幅、鼻の高さ、足の太さ・・・車に乗った時も車の大きさを掴むまで、私はかなり時間を要するタイプだ。

 

そうそう、だけど今回言いたいことは、見て呉れの話ではなく、武井壮みたいな、「百獣の王になるために、まずは自分の身体を使いこなすことから始めたんだ」とかとは少し違う話で。私はこの自分の身体から度々はみ出していたなって思う。そして、それがどういうことかってこと。

 

 

例えば、ガンダムとかエヴァとか戦闘機があって、私の身体がそれに乗り込む。

私という身体があって、私の魂がそれに乗り込む。ってのは、同じと思う。別にオカルトの話ではなくて、感覚的な話。魂は心とか精神だと思ってる。

 

通常前者はどちらも物体だから出入り口みたいなところからしか出入りできないと思うんだけど、後者って入り口とかないから(というかあるのかすらわからない)、どっからでも抜けれるな、抜けてしまうなって思う。

 

どういう時に抜けるか、抜けたと感じるかというと、ジェットコースター乗ったら、内臓がヒャーーーーーーっ!!!って血の気が引くというか、身体の部位で最も可哀想になる部分がある。たぶんみんなお腹のあたり。

そこが、例えば、焦ってるとき、気後れしてるとき、怖いと感じるとき、過去の後悔を思い返すとき、未来の心配をしているときに、身体の枠からはみ出してるって感じる。

 

従来は身体に収まっているべき魂が、上やら後ろやら前やらにはみ出てるなって思う。

特に焦ってるときなんて、足は動いてないのに魂が自分のお腹より前方にはみ出そうで、立ち止まってる気がしない。みたいな感覚に陥る。

 

そして魂が少しでも抜けた状態だと、身体が上手に動かせない。身体の五感なんてまともに感じられやしない。声も裏返ったり、詰まったり。まともに出ない。風のニオイもわからないし、ぼーっとして、頭もまともに働かないんだ。いろんな意味で、盲目だ。

 

そう考えると、出入り口はお腹にあるのかもしれない。

できればこの魂、身体の枠にすっぽり収まっててほしい。

常に、自分の100%のパフォーマンスを出したい!・・・いや、そんなやる気MAXじゃなくていいやって思うかもしれないけど、100%が通常稼働だ。

 

 

どうしたらいいの? 

 

 

 

いま流行りの、「今この瞬間を生きる。」とは、身体の枠にすっぽりとハマっていること。精神がいま自分の身体に集中していること。

 

過去の後悔と未来の心配で、脳みそは自分を守ろうとしている。でもそれは感覚が大きく鈍る。目の前の大切なものも、見逃してしまうよ。

 

心をいまこの瞬間以外に置くのをやめた時、身体はフルに感じてくれる。

今この時間を生きるための必要な情報が、すべて集まる。

最も自分を守れるどころか、プラスで頭のてっぺんにアンテナが付いて、それが素敵な場所に連れてってくれる状態になるんだよ。

 

 

だからね、今ここ。この瞬間。

身体に意識を巡らせて。

 

大切な最高のギフト、この身体にさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、見たこともないディテールの細かいデカイ虫を見た時は、どうがんばってもすぐに身体から飛び出してしまいます。そんな厄介な虫をキャッチ&リリースしてくれる頼もしい素敵な人がいたら是非教えてください。

 

 その人を捕まえるために身体に戻ります。

 

 

広告を非表示にする