だいたい、感じてなんぼ

人生、自分の感じたものがすべて。あらがわず、しなやかに。

プロフィール書いてみた。

 
はじめましての人も、はじめましてじゃない人も、こんにちは。
kanonです。
 
旧ブログ「私の脱皮した恥ずかしい皮たち」は、約7年過ごした東京生活を終えることを機に「自分の今までの愚行を清算しよう!」とひたすらに「やっちまったこと」を晒すことを目的に自分のために書いておりましたが、だんだん楽しくなってきたので、本格的にブログを始動しました。
 
もっと言うと、無性に文章が書きたくなってネタについて考えていたら、頭の中の疑問をひたすらに「なぜだ!なぜだ!」と掘りまくるための「なぜだ!ノート」に、「恥ずかしかったこと」なら山盛りあるな、と。『今辛いことは、時間が経てば全てネタ。』という、我がブラザーと杯を交わした時に聞いた言葉が、このブログのもとになってます。
 
 
ざっくりですが、プロフィールはこちらです。
 
   ↓↓↓
 
 

経歴

北海道、平成に切り替わる前に生まれた♀。
覚えてないけど、幼少期はどんなに迷子になっても、最後は自力で泣きながら家まで戻ってきたらしい。「港を歩けば漁師が余ったカニをくれる」というレアな環境ですくすくと育つ。
 
 
生まれて此の方、たくさん体験した中で続いた習い事は水泳だけ。中学に上がる頃に「選手にならないか?」とコーチに勧誘されるも、『こんな逆三角マッチョにはなりたくない。』と思い、約6年で水中運動の幕を閉じる。
 
趣味嗜好が『外で遊ぶ<テレビゲーム<食べる』でブクブクに太っていったが、ある日突然『外で遊ぶ<テレビゲーム<食べる<恋愛』になり、空気を抜いたように痩せていった。
 
『兄が怒られてることは、やってはいけないこと』と末っ子ならではの危険回避能力で、そこそこいい子にはなれたが「自分がしたいこと」は全くわからず敷かれたレールにひたすら乗り続ける。
 
そんな21歳某日、「やりたいことがないなんて信じらんない」というおかんの言葉にショックを受け、『おかんに認められたい。』という思いでキャリーバック1つで東京へ上陸。
最初はラジオDJを目指してみるも、元々やりたいこともない豆腐の意志の私は右へ左へと東京の荒波に揉まれに揉まれ、『言葉にすればだいたい叶う街、東京』で、その時々で楽しそうな話したり書いたり売り込んだりするお仕事を経て、結果的に絶頂と絶望を見た。
 
 
◎25歳で鬱!になり、脱☆鬱も自力でする。
心と身体のベクトルが別方向を向き始め、車裂き状態に陥ったのちに人生ゲームでいう、「ふりだしに戻る」に止まって、強制帰郷。
「これだけドン底に不幸になることができるなら、最高に幸せになってやる」と胸に誓い、100冊くらいの本を読んで今までの「ボタンの掛け違い」を徹底的に洗出し再び東京へ。
幸せになるためのステップとして「もしや世の中すべて愛なのかも?」「愛の受け渡しが下手だから不幸なのかも?」「愛は地球を救うのかも?」とバカみたいに「愛」について考えていたら、2015年4月某日覚醒(第六感開花)してしまう。世にも奇妙な体験をしまくり「今まで見えなかったのに、この年になって開くとかマジでつらたん」と思っていたが、第六感のスイッチの切り方を覚えてからは、わりとノーマルな生活をする微弱なサイキック女に。
 
そんな東京生活7年の間に学んだことは、
「生きるとは、愛情の受け渡し。」
「人生、良くも悪くも思い通り。」
「愛はどうやらマジで地球を救うらしい。」
 
つまり、『人生すべて”愛”なんじゃない?』っていう結論へ至り、東京生活7年の幕を閉じて再び帰郷。
 
現在に至る。 
 
 

性格

◎真面目 『なぜだ!ノート』という頭の中を整理するノートを作り、身に起こるさまざまな「?」なことをひたすらに掘りまくっていました。「問題解決できたなら、もうよくね?」っていう思考ができず、「なぜ解決できたのか」と解析し始めるほどだった。今は、「もう、よくね?」と諦めることを学び、「程よいところで諦める」を目指して脱力の日々。
 
◎感覚人間 「今だ!」と思えば今やり、「今だ!」っていうのがこない時は無理にやらないのも美学。今日の予定はだいたい今日決める。物事には最高のタイミングがある。と、信じている。
 
◎末っ子気質 観察→模倣→厚かましいの三拍子。甘えん坊で気分屋なところは大人の女になるために矯正中。「あんたは要領がいいね」と言われて育ったけれど、最近は自分の要領の悪さに日々モヤモヤしてます。ブログのカスタマイズに手を焼く日々。
 
 
 

趣味

◎映画「ヘアスプレー」「アバウトタイム」「かぐや姫の物語」「時をかける少女」「サマーウォーズ」「白い嵐」
◎アニメ 新川直司の「四月の君は嘘」、岸本斉史の「NARUTO」、浦沢直樹の「Happy!」
◎陶芸 自分の作った食器で食べる飯は3割増しで、まいう。
◎読書 1ヶ月で10冊くらい読んでる。身になってるかどうかは、別。
◎観葉植物 相棒はセンガクガジュマル。愛おしくてしょうがない。食べちゃいたい。
◎旅行 踏み入れてない土地はあと13都道府県。そろそろ海外に行きたい。
 
最近は、絵を描きたい願望がハンパない。
 
 

座右の銘

◎「地に足つける」・・・人生、これに尽きます。まじで。痛いほど体験してきたやばいことは、これができていなかったから。足元浮くと、あらゆるものに掬われます。
 
◎「思い立ったが吉日』・・・やるなら、行くなら、今日やらないと、忘れちゃうでしょ。
 
◎「人生、考えてることしか現実には起こらない。」・・・「こうなったらやだな」も「こうなったらうれしいな」もだいたい叶ってきた。自分が学ぶために必要としている人物がわりとすぐに現れる。どうやらウォルト・ディズニーの言っていたことは本当だったなぁ。
 
◎『心と身体とお金の健康の維持』・・・この3つのバランスが取れてないと、人間どこからか崩れていきます。いつもこのバランスがいい女でいたい。
 
 
 

ブログへの想い。

 
私は一度、自分の人生の主人公から降りました。
惨事を終えた今、自分で勝手に構えたファイティングポーズを、やっと下ろすことができた。
しんどくてしょうがないあの頃に「こんな人が近くにいれば。」と思っていた理想の人間には今、やっとなれた気がします。
 
そして、もう一度主人公に戻り、人生ゲームを再開してから「あの頃は時間を無駄にしたなぁ」って思うこともあったけど、つらいこともかなしいこともうれしいことも全て、私には必要だったこと。全部丸めてありがとうだ。
「あの頃の自分に手を差し伸べられたら本望」という感じで、元気でPUNKな感じで書きたい。後ろを振り向かなくなった今、すべてポップなネタとして感じに張り出していきます。

良くも悪くも思い通りにしかならないこの世の中、これからも子供のように、無邪気に、楽しんで生きていきたい。
 
 
 
 
合掌
 
広告を非表示にする