だいたい、感じてなんぼ

人生、自分の感じたものがすべて。あらがわず、しなやかに。

25年間、病院に運ばれるほどの便秘症だったんだぜ。

f:id:KIRINwOrld:20160715132326j:plain

この時期はアイスが一段とうまい。巻き巻きのソフトクリームアイスは普段あまり選ばないが、夏になるとバニラが愛おしく感じる。炎天下で溶けないうちに食べたいところだが、ぺろぺろと舐めながらかわいさをアピールできる絶好のチャンスが、ソフトクリームにはある。結局はぺろぺろに集中しすぎて溶けたアイスで手がベトベトになり「その手で触らないでくれ」というあらぬ距離を生むことになるのだが。
 
 
 
 
 
だから、真夏のソフトクリームは嫌いだよ。
 
 
 
 
 
 
私は物心つく前に、自分のお腹は他の人よりも弱め・・・いや、頑固だということを自覚していた。なぜなら、「気が遠くなるほど、お腹が痛い」という強烈な体験をしょっちゅうしていたから。原因不明の腹痛はだいたい、「お腹出して寝て冷えた」ってことで落ち着くが、私を最も苦しめるものが腹の中にあった。便秘症だ。
 
循環、排泄というプログラムが、私のお腹にはされていなかったのだろうか。
それとも何かしらのバグが発生しているのか、自力で外に出ることはほとんどなく「もう置いておく隙間がありません!」と腸から脳に指令が行き、やむなく脳ミソ様の指令で押し出される感じだった。
ほんと、あの頃あ5日に1度まとめてお通じがあれば方だったんだ。
 
だから私のお腹はいつもぽっこり出ていた。かわいいカエル体系が3歳の時からずっと変わらない。そして我がお腹は、週に1度腹痛を、月に1度の大掃除のみたいに夜中に激痛を引き起こし、両親に救急病院に運ばれ、点滴か筋肉注射か浣腸をされて、朝方帰宅。そのまま学校へ行くという、人生で一番忙しかったんじゃないかっていう疲弊した生活を送っていた。便秘で死んじゃう人もいるくらいだから、両親も必死だったんじゃないか。そんな私の人生をも左右しかねない、いつも機嫌の悪いお腹に敬意を払い、以下、お腹様と呼ぶ。
 
お腹さまが怒る(痛くなる)というのは、本当に辛い。「私が何かしたなら謝るから、どうか静まってください、お腹様。」とお腹をさすりながらお腹様に話掛けることが多々あった。当時のお腹様は、だんまりをきめて何も答えてくれなかったんだけど。それでもウォシュレット付きの温座だけは、お腹様の機嫌を取ってくれるような気がした。
 
そしてついには仕事にも支障が出てきたので、社内ではオシャレな横文字の「ベンピスト(便秘スト)」「ふんずまりこ」というあだ名がついた。そのくらいの時から、「そもそもトイレで格闘するのも、循環という自然なサイクルが狂っているのも、おかしくね?」と本気で考えた。このままじゃダメやと危機を感じ、25歳の時に本気で脱☆便秘症を企てることになる。
「毎日2回出るよ。」「ご飯食べたら自然とお通じがあるよ。」とかいう理想的すぎるヘルシーな生活を送る人たちに聞きまくり、生活習慣を見直すことにしたんだ。
 
そしてついに、お腹様と和解が成立し、ほぼ毎日お通じがあるという理想的な生活を手にいれることができた。「これが標準スペックか!!!!なんて爽快なんだ!!」と感激しまくり、共にお腹様に「今までごめんね」と陳謝した。
 
腸内フローラとかいう言葉が流行する中、私がまじで1年ほど試行錯誤した結果、これだけやればほぼ毎日出るっていう方法を書いときます。「お通じ」ってなんだよって思っている人。「全然通じないわ。」って思ってるのであれば、是非ともためしていただきたい。
 
 

①起き抜けに白湯を飲む。

「お腹様、朝ですよ。」と目を覚まさせてあげるようにコップ1杯の白湯を飲みます。頭がボーッとして目覚めが悪くても、白湯を飲むと同時に内臓が活動し始めるので眠気もスッキリします。
 
 
 

②お米を玄米にする。

「お腹様、食物繊維ですよ。」と、お通じが出やすいものを食べます。いつものご飯に何かを足すのもいいけれど、毎日食べている白米の半分を玄米に変えてあげるだけでとんでもなく効果があります。雑穀米もいいけど、見た目も味も変わるので、白米こそジャパニーズ・ソウルだ!という方は、これがオススメ。朝はパン派なのって方、朝は食べませんって方でも1日のどこかのご飯に玄米混ぜてあげてください。お腹様が「お前わかってるな。」って言ってくれます。
 
 
 

③水を飲みまくる。

「お腹さま、お水です。」と小まめに水を飲みます。
1日の必要水分量=体重(kg)×33と言われています。(いろんな説がありますが。)
私はだいたい1.5ℓ飲むようにしてます。一気に飲もうとすると辛いので、1食につきペットボトル1本分(500ml)飲むと別に辛くもなく、お通じも柔らかくなって結果オーライ。「お前わかってるな。」ってお腹様が褒めてくれます。
 
 
 

④寝る前に腸マッサージする。

「お腹様、明日も頼みますよ。」と、腸を時計回りにマッサージしてあげます。
私は布団に入ってからちょいと強めにやってあげると、朝トイレ行きたくて起きるくらいお腹さまが寝てる間に活動してくれます。別にお風呂でやってあげてもいいんだけど、寝る前だったら仰向けでマッサージできるので、よりお腹様の状態がわかるかと。
 
 
 
以上、4つ。これさえやっておけば、運動不足でも、特別な何かを食べなくても、出ます。私はね。
自分の身体は自分が一番わかっているので、ぜひ続けられるものを試すことをオススメします。なんせ、毎日のことですから。。
 
快適なお通じライフをお楽しみいただけたら幸いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
余談ですが、以前猛烈な腹痛に襲われ、病院でウィルス性急性胃腸炎と診断された時に「今日から3日間なにも食べてはいけません。チョコもナッツもお茶もダメ。水とポカリだけ。」と言われました。人生初の断食は意外とお腹空くこともなくいい感じでデトックスすることに成功した私は、3日間我慢した自分を褒めてあげたいということで連日大盛況のピザ屋に食べに行きました。3日ぶりの食事はとても美味しく、楽しい時間はお酒も進ませるのですが、案の定猛烈な腹痛でまた病院に行くと医者に呆れられた私はこう言いました。
 
 
「お腹様も喜んでたと思うんですけどね。」
広告を非表示にする