読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたい、感じてなんぼ

人生、自分の感じたものがすべて。あらがわず、しなやかに。

【恥ずかしい皮たち☆夏の出来事シリーズ③】じいちゃんが、日本国天皇から『瑞宝双光章』をもらった。

恥ずかしい皮

天皇から表彰される」ってのがピンとこないのは、私だけか。

 

f:id:KIRINwOrld:20160823120316j:plain

(とってもありがたい表彰状なのに、まだ額に入れてない手持ちの状態で撮ったので、よれてる…)

 

 

f:id:KIRINwOrld:20160823120637j:plain

外箱の高級感。

 

 

f:id:KIRINwOrld:20160823120640j:plain

これが、突如お国の遣いの方がおじいちゃんに届けてくれた、「瑞宝双光章」。

 

 

ま、まぶしい・・・。

 

 

 

そもそも、瑞宝双光章とはなんぞ? 

ウィキペディアによると、

瑞宝章は、「国家又ハ公共ニ対シ積年ノ功労アル者」に授与すると定められ(勲章制定ノ件3条1項)、具体的には「国及び地方公共団体の公務」または「公共的な業務」に長年にわたり従事して功労を積み重ね、成績を挙げた者を表彰する場合に授与される(「勲章の授与基準」[2])。 

瑞宝章 - Wikipedia 参照

その中でも、瑞宝大綬章・瑞宝重光章・瑞宝中綬章瑞宝小綬章瑞宝双光章瑞宝単光章の六種があるみたいで。ただ単純にお国に従事しただけではもらえないみたいです。

  

とにかく、我が家にとっては、親戚含め、おじいちゃんと血を分けた我が一族にとっては、この夏一のビッグニュースなわけで。

 

 

 

じいちゃんは、生涯を警察官として従事してきました。

みんながみんなもらえるわけじゃもちろんないみたいなんだけど、

じいちゃんは一体、どんな業績があるのかな。

 

じいちゃんの家の机の中には、本物の手錠があって、

小さい時に触らせてくれたっけ。

『物は大切に扱わなきゃダメだ。』

『親に心配かけるなよ。』

って言ってたなぁ。

じいちゃんに教えてもらったことは、シンプルだけど私の脳ミソに深く刻みこまれたこの2つ。

 

 

もし、まだ記憶がちゃんとあったら、この賞をもらったじいちゃんはなんて言ったかな。

Seven Starのタバコと大好きなウィスキー飲みながら

『すげえだろ』なのか

『こんなもんたいしたことねえよ』なのか

具体的な関わったすごい事件のことを、しんみりと話してくれるのか。

 

 

 

 

 

きっと、記憶がサラサラと流れてしまった今のじいちゃんは、この表彰よりも、美味しいおまんじゅうの方がうれしいんだろうな。

でも、いつかこの肉体から離れた時に、きっと改めてこの表彰を受け取るんだろうな。

ザンネンながら、私はその場には立ち会えないけれど。

 

 

 

じいちゃん、やったな!おめでとう。

 

自慢のおじいちゃんでいてくれて、ありがとう。

 

大好きだよ!

 

広告を非表示にする