読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたい、感じてなんぼ

人生、自分の感じたものがすべて。あらがわず、しなやかに。

【これからママになる人、ママな人。そしてパパへ。】

私はもったいないことに、人生のほとんどを、知らぬうちに被害者として生きてしまってました。

 

『自分が幸せかどうかは、他人次第』という負のループは、実は自分自身が作ったものなんだと気付くのに、随分と時間がかかってしまった。そして、もしかしたら今でも尚、その負のループの中にいる人もいるかもしれません。負のループの中に自分がいるということに、まだ気付いていない人も。

 

私が血眼でこの負のループから必ず抜け出すと決心したその理由は、自分がこのループを止めないと、私はいつか迎えるであろう我が子に、きっと同じ思いをさせてしまうと思ったからです。

 

 

きっと誰もが、「こんな親にはならない。」「この教えはよかった。」「こんなところを尊敬している。」「自分の子にこんな風にはなってほしくない。」「こんな人間になってほしい。」と、親子関係に対して、いろんなことを思っていると思います。

 

希望も不安も、きっとたくさん抱えてる。

 

 

私も暗い道の道中に、たくさんの母の嫌なところ、マネしたいこと、マネはしたくないところ、たくさんありました。その全部を否定していた時期もあります。

 

いま目の前にいる愛する自分の子が、もしこれから何十年先までも自分で自分を苦しめる人生を、辛い人生を送るとしたら、きっとゾッとすると思います。そしてなにより、そんなこと誰一人として望んではいないと思います。

 

これだけ遠回りした私が、これからママになる人、ママな人に1つだけ伝えたいこと。そして、もちろんパパにも。

 

「すべては自分次第」「人は幸せに気付くために生きている」
人はシンプルな言葉ほど、こんな簡単なことほど、理解するのが難しいです。
そしてその意味をちゃんと教えてあげるのも、きっと難しい。

 

もし、あなたが自分の子供に、「心から幸せな人生を歩んで欲しい。」と願うなら。もし、「自分の幸せを、自分で掴める人になってほしい。」と願うなら。あなたが1つだけできることがあります。

 

 

 

 

それは、親のあなたが、まず『自分で自分を幸せにできるあなた』であってください。

 

じぶんの幸せに、妥協しないでください。

 

親としてではなく、あなた個人としても。

 

たとえどんなに恵まれていようとも、あなた一個人として満たされないあなたの心が、子供にとって一番の悲しみであり、辛いこと。

 

あなたの満たされていない心のまま「子供がいれば幸せ。」だなんて、そんな子供に重荷を乗せないでください。

 

子供に幸せに生きて欲しいなら、自分の幸せを我慢するんじゃなくて、一緒に幸せになる道を、諦めずに探してください。

 

あなたがかけている自分自身への制限は、そのまま子供が鏡のように受け継いで、あなたのその思い込みをそのままコピーして目の前で見せてくれます。

 

なんの制限のない世界からやってきた子供に、あなた自らが抱えた恐れや不安を、どうか植えつけないで。

 

 

 

 

でもね、もし、うまくできなくても大丈夫。

 

子供は、そんなあなたを救いに来たんだと思うから。

 

だから、あなたのところを選んできたんだと思うから。

 

 

29歳の私がいうのもなんですがw

 

子供と一緒に、幸せな未来を。

世界の平和は、あなたから始まるよ。

 

広告を非表示にする