だいたい、感じてなんぼ

人生、自分の感じたものがすべて。あらがわず、しなやかに。

『ともえちゃんには、なんにもできない。』

※この作品を、いま悩みに悩んでいる大きくなったともえちゃんに捧げます。

 

 

 

ともえちゃんは、この街に住むとってもとっても元気な子。今年で8さいになるんだって。きょうも学校が終わったあと、ともえちゃんはいつもお友達に囲まれて、誰よりもたのしそうに遊んでいました。

 

いつもはとっても明るいともえちゃんですが、実はともえちゃんには、他の人よりこわーいものがありました。知らない人と会うときには、それはもう警戒心丸出し。いつもいつも知らない人を見るときには「いーだ!」と言って、こわーい顔をしたりしていました。

 

そして、お外では明るいともえちゃんは、おうちではずーっと一人ぼっちでした。パパとママが働いていて、やらなきゃいけないことがたくさんありました。お皿を洗ったり、お掃除したり、飼っている鶏の世話をしたり・・・。ともえちゃんはみんなと遊んでいるほんの少しの時間以外はいつもひとりで過ごしていました。ひとりになることも、こわいものの1つでした。

 

 

「さみしいなぁ・・・。」

 

 

ともえちゃんはいつの間にかどこか胸の辺りにぽっかり穴があいてしまって、気付けばそこに、うずくまるように「寂しい」っていう気持ちが入り込んでしまいました。

 

 

ある日のこと。

ともえちゃんはお友達のえみちゃんやまりかちゃんがいつも大切に両手で持ち歩いてるピンク色の「愛」に目が留まりました。あったかそうで、ふわふわで。その「愛」の形は、ともえちゃんの胸に空いている穴と同じ形で、それをすっぽりと覆うことができるほどの大きさのものでした。

 

ともえちゃんは、そのみんなが大切にしている「愛」が欲しいと思いました。ともえちゃんは「愛」をもらうためならなんだってする!と、意気込んで、思いついたことをかたっぱしから一生懸命がんばることにしました。

 

 

そして、ともえちゃんは空に向かってこう叫びました。

 

「ちゃーんとがんばったら、ともえにも愛をちょうだいね、神サマ!」

 

 

 

◎知ってる

ともえちゃんはたくさんたくさん勉強しました。

ともえちゃんは、もうなんでも知っていました。だーれも知らないことでも知っていました。自分が知らないって思うこと以外は全部ぜーんぶ知っていました。

 

そんなにたくさんのことを知っているともえちゃんは、神サマにご褒美をねだりました。

「ねえ神サマ、ちゃーんとがんばったから、ともえにとびっきりの愛をちょうだい!」

 

神サマ

「うーん、それじゃあ愛はあげられないよ。」

 

 

 

◎できる

ともえちゃんはたくさんたくさん練習しました。

ともえちゃんは、もうなんでもできるようになりました。だーれもできないことまでできました。自分がしたことないって思うこと以外は全部ぜーんぶできました。

 

そんなにたくさんのことができるともえちゃんは、神サマにご褒美をねだりました。

「ねえ神サマ、ちゃーんとがんばったから、ともえにとびっきりの愛をちょうだい!」

 

神サマ

「うーん、それじゃあ愛はあげられないよ。」

 

 

 

◎わかる

ともえちゃんはたくさんたくさん人の話を聞きました。

ともえちゃんは、もう人のことはなんでもわかりました。だーれにもわからないことまでわかりました。自分がわからないって思うこと以外は全部ぜーんぶわかりました。

 

そんなにたくさんのことがわかるともえちゃんは、神サマにご褒美をねだりました。

「ねえ神サマ、ちゃーんとがんばったから、ともえにとびっきりの愛をちょうだい!」

 

神サマ

「うーん、それじゃあ愛はあげられないよ。」

 

 

 

◎してあげる

ともえちゃんはなんでもしてあげました。

ともえちゃんは、困ってそうな人に、もうなんでもかんでもしてあげました。だーれもしたくないことまでしてあげました。自分がしてあげたことないって思うこと以外は全部ぜーんぶしてあげました。

 

そんなにたくさんのことをしてあげられるともえちゃんは、神サマにご褒美をねだりました。

「ねえ神サマ、ちゃーんとがんばったから、ともえにとびっきりの愛をちょうだい!」

 

神サマ

「うーん、それじゃあ愛はあげられないよ。」

 

 

 

ともえちゃんは困ってしまいました。

どうして私はこんなに頑張ってるのに、みんなが持ってる「愛」は私だけもらえないの?どうして私は、みんなみたいに、ニコニコしあわせになれないの?

 

 

 

 

神サマ

「あのね、ともえちゃん。できてもできなくても、知っていても知らなくても、わかってもわからなくても、してあげてもしてあげなくても、どっちでもいいことなんだよ。」

 

 

ともえ「どういうこと???」

 

 

神サマ

「ともえちゃんが本当に「したい」「やりたい」って心の底から思ったことじゃないと「愛」はもらえないんだ。」

 

 

「どうして?ともえはみんなが喜ぶことしてあげたい!だからしてるのに・・・。」

 

 

神サマ

「ともえちゃんはそもそも勘違いをしているんだ。厳密に言うと、「愛」は誰かからもらうものじゃない。本当にしたいことをしているとき、それだけで君のココロから「愛」がどんどん溢れてくるんだよ。

 

 

 

知りたい。

できるようになりたい。

わかりたい。

してあげたい。

 

したいから、する。

 

ただ、それだけさ。

 

 

君はみんなが喜ぶことをしているとき、ココロに愛は溢れているかい?

 

 

「・・・。」

 

 

神サマ「愛の泉はココロの中にある。君が大好きなことをしているとき、愛に溢れているあのステキな感覚は、きっと覚えているだろう?もう少し練習してごらん。なんてったって、君はなんでもできるんだからね!」

 

 

 

ともえちゃんは考え込んでしまいました。

 

「わたしが本当にしたいこと・・・?

 

わたしが大好きなこと・・・?

 

愛が溢れること・・・?

 

なんだろう??

 

あ・・・!!」

 

 

ともえちゃんはずっとずっと行きたかった隣町にある海へ向けて走りました。

ともえちゃんは海がとっても大好きだったのです。

そして、到着してすぐに、ともえちゃんはたくさんの魚やイルカと一緒に泳ぎ始めました。

ぐるぐる回ったり、パシャパシャ跳ねたり、海辺を走ったり。

 

カラフルな世界。キラキラな世界。

 

初めて見る生き物とも、たくさんたくさん出会いました。

 

 

「たのしい!!本当にしたいってこんなにステキ!!」

 

 

ともえちゃんは、どんどん幸せな気分になりました。

すると、遠くから、ともえちゃんが大好きなお友達がたくさん駆け寄ってきました。

 

そしてたくさんたくさん、みんなと遊びました。そして、いつの間にか、すっかり心に空いた穴に入った「寂しい」気持ちはすっとんでいって、たくさんたくさんの「愛」が溢れて、みんなも幸せな気持ちになりました。

 

 

ともえ「なぁーんだ!なんにもできなくったっていいんだ!!」

 

 

それからともえちゃんは、ココロに溢れる「愛」をどんどんみんなに分けてあげて、「本当にしたいことをする」のがだれよりも上手になりました。

 

 

 

それからともえちゃんの周りから、キラキラな世界、カラフルな世界が、どんどん、どんどん、ずっとずっと遠くまで、広がっていきました。

 

 

 

 

おしまい。