読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたい、感じてなんぼ

人生、自分の感じたものがすべて。あらがわず、しなやかに。

札幌に帰ってきて早3ヶ月で思ったことまとめ。

恥ずかしい皮
「毎日平和だなぁ。」と、平和ボケしていたら、先日フレッシュな寿司ネタから寄生虫に寄生されました。
激痛のため眠れない夜が続き、ネットで調べると「寄生虫は胃の粘膜を破ろうとするので腹に激痛が走り、4〜7日間は生息します。薬は効かない。」と書いてありました。「もしやつらが死ぬ前に胃の粘膜がやられてしまったら」…と思うと、夜も眠れません。
とにかくやつらにダメージを与えるために、飢餓状態にしてやろうと思い絶食しようかと思いましたが、絶食したところでやつらは私の内臓に噛み付くだけでダメージ食らうのは私だけ。とりあえず薬でごまかしてなんとか生き延びます。
 
 
 
 
 
寄生虫はよく噛んで食べましょうね。(ぇ
 
 
 
 
 
 
 
さて、札幌に帰ってきて、もう3ヶ月が経ちました。
地元に慣れるのになぜか1ヶ月。(新千歳に着陸した次の日に速攻で風邪ひきました。)
モソモソと動き出して1ヶ月。
そして悶々と考え始めて1ヶ月が経過しました。
たかが国内、されど国内(しかも離島)。色々と感じることが多いので
書いておかないと、そのうち自分が染まって、なにが違うのかわからなくなってしまうのでここに記します。
 
 
 

空気がとにかく美味しい。

f:id:KIRINwOrld:20160714233546j:plain

 スーハースーハーッ!!♡♡♡

最初の半月くらいで肺の浄化が完了した気がします。細胞が、身体が喜んでいる!!
おかげで鼻毛が伸びるのがゆっくりになりました。(ぇ
ただし国道付近とか歩いていると、環七とか環八沿い歩いてるのと大して変わらないのであの辺でスーハー♡したらきっと鼻毛の蔦ができあがります。
 
鼻毛を育てないように、深呼吸は場所は慎重に選びたい。
 
 

ゴ◯ジェットもゴ◯ブリホイホイも売ってない。

f:id:KIRINwOrld:20160714233600j:plain

そう、私を苦しめた忌々しきあの害虫が、北海道にはいません!!!!
うそです。います。あんなオイルで手入れしましたみたいなテリテリツヤツヤの大きな背中ではなく、カメムシサイズの奴らが、札幌中心部地下や、商業施設(年間通して暖かい場所)には生息する模様です。
ですが、民家には基本的に生息不能らしく(ストーブつけなきゃ氷点下のため)、遭遇することはまずありません。
「いないでくれよ、いないでくれよ」という心の中の呪文も、「今の噴射で逝ってくれよ、お願いだ」を神に祈ることももうないでしょう。
ひゃっほい!!
 

紫外線が、なかなか強烈。

f:id:KIRINwOrld:20160714233739j:plain

太陽を遮るものが少ないからでしょうか?
風は冷たいくせに、気温も、体感温度も低いくせに、太陽ビームはなんだかガンガンに強く感じる。。
肌の深層部にジリジリと攻めてくる紫外線に戦慄し、私は生まれて始めて日傘がほしいと思ってしまった。
紫外線で悪しきメラニンが生成される我々とは裏腹に、絶好の光合成日和が続く北海道の植物たちは、めちゃくちゃ元気。
あなた(植物)が幸せなら、私も幸せです。
 
 

駐車料金は半額!ただし、送料が何かと高い。

f:id:KIRINwOrld:20160714233836p:plain

これはある送料の一覧表ですが、ご覧の通り、高い。東京の倍や。
「送料無料になるには、あといくら分買えばいいのか?」とか考えるようになりました。ネット通販派でしたが、買い物は、出かけたついでにできるだけお店で直接買うようにしています。
一方、駐車料金は土地柄お安く、車文化な札幌は無料駐車場も多くドライブにも適しております。お金で時間を買う民族は都民が大半を占めているのではないかしら。とはいえども、かしこいネット通販の利用法もきっとあるはず。
今後のことも考えて、上手に使いこなしたい。
 
 

毎日が北海道物産展。

f:id:KIRINwOrld:20160714233749j:plain

東京で開催される北海道物産展は、いつも大盛況らしい。
一方北海道では、「きたキッチン」という北海道グルメのアンテナショップ(?)も海鮮丼も北海道小麦を使った美味しいパンもいつでも食べられます。
そういえばついこの間まで、アスパラが旬の季節を迎えておりました。甘かったなぁ。
そういえばつい先日、帆立てのバター醤油焼きをいただきました。でっかかったなぁ。
そういえばつい先日、富良野富良野豚カツサンドいただきました。美味かったなぁ。
何もかもが一回り以上デカく、常識を覆すほどに甘く、そして美味い。
東京はどのジャンルでもその業界を極めつつある人の料理をいただけますが、ご当地各所は、その食材の極みをいただけるものなんじゃないかなぁ。
 
今は夕張メロンが市場に出回り始めました。これもまた楽しみ。
さて、次は何食べようか。
 

イベントスペースが、やたらと安い。

f:id:KIRINwOrld:20160714234631j:plain

この写真の場所は中島公園駅にある「オノベカ」っていうイベントスペース。
駐車場もそうだけど、家賃も安い。するとレンタルスペースもおのずと1時間1500円とか。やっす。3時間で3600円とか。やっすー!!!
そして札幌地下、大通〜さっぽろ駅間のレンタル料も高校生でも借りられるレベルの安さ(曜日、サイズにもよります)
東京は同時多発的にイベントやっていて、かぶることも多いですが、札幌はまだまだ少ないです。でも、イベント自体には興味のある人も多いのかも?
札幌でイベントやりたい。って方いらっしゃいましたら、仲介しますよ。お手伝いもします。
というか、私がイベントやりたい。
 
 

静かすぎて「しーん」という音が聞こえる。

山奥に住んでいるからか、夜は死ぬほど静かです。
虫の声やカエルの鳴き声、鳥のさえずりが聞こえる時間はいいのですが、窓を占めて自然界からの音がなくなると
マンガのような「しーーーーーーーーーん・・・・」という音が聞こえます。
(北海道は二重窓なのでなおさら音をシャットアウト)
これがしばらく続くと「シーーン」の向こう側の「キーーーーン」という耳鳴りのような音に変わるため、だんだん頭がおかしくなりそうになります。
東京は基本的に眠らないので、交通量も多く、なんだかんだ静かな場所を探す方が大変だったり、逆に静かすぎると一人で歩くのが怖かったりもします。
北海道は眠るのでコンビニが24時間じゃないところもチラホラ。
というわけで、最近は耳が寂しいので常になにかしらの音楽を流しています。だから道民は音楽好きが多いのかなぁ?
全く音がないと、人間不安になるものなんですね・・・。
 
 

札幌は、標準語じゃない。

f:id:KIRINwOrld:20160714233906p:plain

誰が言い始めたんだ、札幌が標準語だなんて。
東京にいるときに、何度か指摘されたことがありましたが、自分では全く自覚がありませんでした。
札幌市民は「◯◯でしょー」ってところを「◯◯しょー」って言います。「で」が抜けちゃう。
自分が気にしているからか毎日「しょ」が耳に残る。
「人のふりして我がふり直せ」と言いますが、特に「それ方言だよ!」と言われることもバカにされることもないので染まる一方でございます。
「なまら」も「わや」も「したらね」も使いたい放題。
もう誰もなまりを止める人はいない。。
 
 
 
 
 
他にもいろいろあるんだけど、わかりやすいところはざっくりとこんな感じ。
何と言っても札幌市民は、心がとても繊細な人が多いです。私の気がまわらないことにも気がまわり、感情の機微が汲み取れる人たちです。東京みたいに変な人は絶対的に少ない。
何年も東京にしがみついておりましたが、実際にこっちに越してきて思ったのは、どっちにも良し悪しがあって、住めばミヤコになる。そして環境を変えたところで、じぶんは地球上どこにいても変わらないんだなってこと。
環境も大切だけど、居心地のいい環境は、自分で作っていくものなのだなと、ここ3ヶ月で思ったことでした。
 
 
ということで、札幌に来たいという方は、ぜひとも御一報くださいませませ。
 
次は「札幌に帰ってきて感じたことまとめ」も書きます。
今日はここまで。
あでゅー
広告を非表示にする